Harry the Kitty Cat talk like cats

talk like cats

21世紀の猫たちとの猫テレパシーな暮らし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Harry the Kitty Cat


IMG_2861.jpg

先日は、天候のせいとは云え、食べ物を粗末にしてしまいました・・・。反省。



IMG_2849.jpg

夏も終わりとなりましたが、夏と云えば、ある仔猫のことを想い出すんでございます。



IMG_2850.jpg

どろんこ・ハリー・・・。



IMG_2975.jpg
(↑ ホコリ高き猫・ベリーです)

ハリーを見つけたのは・・・5年前、家族と家族の知人と一緒に、鱒釣りに行った帰りのことでした。



IMG_2996.jpg

無事終わって帰ろうと、釣り堀の駐車場に行くと、仔猫の鳴き声がしました。そこにいたのが、ハリー。



IMG_2998.jpg
(↑ ベリーはウィンクしているだけです)

やせ細って、汚れて、しかも片目を悪くしているという酷い状態でした。



IMG_2995.jpg

そのままにしておくのはあまりにも可哀想だったので、連れて帰り、汚れた体を洗いました。



IMG_2978.jpg
(↑ くどいようだが、ベリーです)

たぶん生まれて2~3カ月ぐらいだろうか。茶と白のブチのオス猫で、名前は仮にハリーとしました。



IMG_2852.jpg
(↑ こちらは、ドリーです)

ハリーはたぶん、水と雑草しか摂っていなかったのではないだろうか。



IMG_2855.jpg

ときどき嘔吐すると、内容物には、液体と干し草のようなものしか見受けられなかった。



IMG_2857.jpg

私たちは、温めたミルクを哺乳瓶であげながら、ハリーを暖かくして、様子を見守ることにした。







IMG_2858.jpg

でも・・・



IMG_2859.jpg

助けられなかった・・・。








IMG_3241.jpg
(ハリーは、この2匹の中間色ほどの、きつね色のブチ猫でした)

ずっと、鳴きっぱなしで、息をゼーゼーしていたハリー。



IMG_3242.jpg

いままで見てきた仔猫に比べると、歴然として、とても健康とは云えない状態でした。



IMG_3244.jpg

苦しい思いをしたろうに・・・。途中から薄々分かっていたとは云え、

その日のうちに、介抱の甲斐なく息を引き取るのを見るのは、つらかった。



IMG_3245.jpg

ハリーは今、家の榊の木の下で、眠っています。



IMG_3246.jpg

もし生まれ変わることができたら、とても元気で、幸せに生きていてほしい・・・・・











IMG_3000.jpg

・・・そして、たぶんそのころから数ヶ月後に生まれたのが、このお方。ベリーです。



IMG_2979.jpg

このご縁は、まさかの生まれ変わり?でも、数か月の差があるし、違うよね。

私は特に生まれ変わりは心底信じてはいないほうですが・・・。



IMG_2976.jpg

でも、何かちょっと、男の子っぽいんだよね、ベリー・・・・・。


だからね。ちゃんとしたごはんは、ちゃんとありがたく食べるんだよ。

ベリー「・・うん。云われなくても・・・。くどいようだが、管理もちゃんとしてね。」

・・・うん。











[タグ未指定]
[ 2012/09/21 23:24 ] Dolly& Berry | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。